同窓会会則


第 1 条

 本会は礪波同窓会と称する。

 

 

第 2 条

 本会は会員相互の親睦と連絡提携をはかり、母校の教育振興と発展を期するを目的とする。

 

 

第 3 条

 本会は本部を富山県立砺波高等学校内におき、必要に応じて支部をもうける。

 

 

第 4 条

 本会は下記の会員をもって組織する。

 

    1.普通会員

 

① 富山県立礪波中学卒業生

 

② 富山県立砺波高等学校卒業生

 

③ 上記二項の学校において在学中に上級の学校に進学したもの、および、かつて在学したもので本会の趣旨に賛同するもの

 

  2.準会員

 

      本校の在学生

 

        3.特別会員

 

      本校の旧職員ならびに現職員

 

 

第 5 条

 本会はその目的を達成するために下記の事業を行なう。

 

1.会報、会員名簿の発行

 

2.会員の吉凶の慶弔、追悼会

 

3.講演、映画、音楽会等の開催

 

4.その他本会の目的遂行に必要と認められる事項

 

 

 

第 6 条

 本会は次の役員をおく。

 

会  長  1名   名誉会長 若干名   副会長 若干名   支部長(各支部)

 

常任理事 必要数   理   事 必要数   監 事  2名

 

 

第 7 条

 本会には名誉会長および顧問をおくことができる。

 

 名誉会長および顧問は総会の推薦により会長が委嘱する。

 

 

第 8 条

 会長、副会長および監事は総会において選出する。

 

 理事は各支部、卒業回および特別会員より会長が委嘱する。

 

 常任理事は理事の互選による。

 

 常任理事長、同副理事長は常任理事の互選によりおくことができる。

 支部長は各支部総会にて選出し会長が委嘱する。

 

 

第 9 条

 会長は本会の会務を総理する。

 名誉会長および顧問は理事会、総会において意見を述べることができる。

 

 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代理する。

 理事は本会の会務を処理する。

 常任理事は本会の会務を処理執行する。

 常任理事・理事は緊急事項については総会にかわってこれを評議する。

 支部長は各支部の会務を総括する。監事は会計を監査する。

 

 

第10条

 役員の任期は2カ年とし、再任をさまたげない。

 

 

 

第11条

 

 本会の総会は毎年1回これを開く。ただし、必要に応じて臨時総会を開くことがある。

 

 

 

第12条

 本会の経費は会費および寄付金をもってこれにあたる。

 

 

 

第13条

  会長は、本会の庶務・会計等の事務を本校校長に委任することができる。

 

 

 

第14条

 本会の会計年度は、4月1日にはじまり、翌年3月31日に終わる。

 

 

 

第15条

 普通会員は会費として入会のとき、金5,000円を納入するものとする。

 

 

 

第16条

 本会則は総会の決議を経なければ変更できない。

 

 

 

付  則

 

  本会則は、昭和54年8月17日より施行する。

 昭和55年8月17日一部改正

 昭和59年8月17日一部改正

 昭和62年8月17日一部改正

 平成14年8月17日一部改正

 平成24年8月17日一部改正

 平成26年8月17日一部改正

 平成30年8月17日一部改正